読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

名古屋旅行を終えて。

何だか「ウルトラマンプレミアステージ2」観劇と「ラディッシュ」訪問だけだったような簡素極まりない旅だったのですが、久しぶりの旅行ということもあって楽しかったです。
 とりあえず、旅のおさらいを…。
 一日目:5/5(月)曇り時々雨
 まさかの曇天模様。一応岩槻を出る頃は晴れていたような空が、新幹線が東京駅を出てしばらく経って靄がかかったような空模様になり、名古屋につく頃には小雨がぱらついていて…傘を持って出ればよかったと先に立たぬ後悔。
 とりあえずホテルにチェックインするが、ここでとんでもないことが。何と、我々が宿泊する部屋が「ダブルベッド」であった(苦爆)。そんな「アッー!」じゃないんだから。
 ま、気を取り直して中日劇場のあるビルの地下でまずは遅い昼食。名古屋名物「ひつまぶし」を食す。
 実は私の配達先に結構高級そうなうなぎ料理屋があって、そこでもひつまぶしは名物メニューの一つなのだが、一食がざっと2,000円を超えるという代物。とてもではないがたまに食うにしても高すぎる。
 この店は上が1,360円くらい。これに肝吸いがついた「特上」はこれだけで600円近く値が上がるという妙な料金体系だったため、上で決着。感想…美味くねぇわけねぇじゃろうが!うなぎがとても柔らかくてたれの味付けも申し分なし。美味しゅうございました。
 で、開演の16時まで本屋で立ち読みして暇つぶし(ひつまぶしを食べた後で暇つぶしとはこれ如何に←ナンセンス)。以降は19時くらいまで観劇。
 「ウルトラマンプレミアステージ2」は二部構成。第一部はミニアトラクション。結構凝ってて面白かった。
 第二部は舞台劇「命の星」。ウルトラヒーローと地球人、そして命の宿る星・フロスの姫君が、フロスエナジーと呼ばれる超エネルギーを奪い、邪悪な鎧・アーマードダークネスを復活させようとする宇宙人軍団と戦う…というあらすじの演劇。早い話、ウルトラマンのアトラクションショーのグレードアップヴァージョンというわけだが、完成度はかなり高かった。
 つい最近父親になったばかりには見えない杉浦太陽辻ちゃんの旦那…ってをい)、最近は小劇団で座長もこなす実力派舞台俳優としても活躍中の吉岡毅志両氏の若さ溢れる熱演、これが舞台初挑戦とは思えないほどの存在感を示したグラビアアイドル・小田あさ美の奮闘、ご存知元祖ウルトラヒーロー、黒部進森次晃嗣両氏の円熟味溢れる演技、そしてそして、忘れちゃならない私の「心の妾(爆)」平田弥里ちゃん!今回は出番も多かったし、結構見せ場もあって良かった良かった。また来年も大型連休に上演されるらしいのだが、今度は是非、全国公演もやってほしいなぁ、と個人的には思った(ま、若い人たちはともかく、黒部・森次両氏には体力的にきついものがあるかもしれないが…)。
 その後は中日劇場地下からちょっと足を伸ばした日本最大級の地下街「サカエチカ」にあるうどん屋できしめんを。後はこれでみそかつと天むすと手羽先を食えば完璧なんだが、さすがにそれは無理だろな…。
 その後は宿に戻ってお時間までBSでやっていたコブクロのライブを見て入浴、就寝と相成った。
 今度宿を取るときは、十分気をつけねばなるまい…(猛省)。
二日目は明日書きます。ではまた。