読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

1/18・箱根駅伝すごろく・往路。

曇り空の中、いつもどおりに岩槻-大宮-上野-秋葉原と乗り継ぐ。
いつもどおりヨドバシアキバの6階プラモデル売り場でガンプラの群れを眺める。
こんな状態のためさすがに新作は買えず。溜まったポイントをどう消費するか思いあぐねる。

秋葉原から歩いて都営地下鉄新宿線で船堀まで。
船堀のセガワールド(ゲーセン)にて「戦場の絆」を2ゲームこなす。
本日は、支給されたばかりのRAG-79アクア・ジム*1のデビュー戦と、レベルアップさせる3機の若手機体たちを参戦させた。結果は以下の通り。
 ・RAG-79 アクア・ジム サイド7にて模擬戦闘 結果:勝利 戦果:敵機2機撃破 
 バトルポイント230pts.獲得
 ・RGM-79G ジム・コマンド ヒマラヤにて模擬戦闘 結果:勝利 戦果:敵機2機撃破
 バトルポイント267pts.獲得
 ・MS-06F-2 ザク(F2型・連邦軍仕様*2) ヒマラヤにて模擬戦闘 結果:勝利 戦果:敵機2機撃破
 バトルポイント241pts.獲得
 ・RGM-79 ジム(ホワイト・ディンゴ隊仕様*3) ヒマラヤにて模擬戦闘 結果:勝利 戦果:敵機3機撃破
 バトルポイント272pts.獲得
…ま、相手のレベルはかなり低く設定してあったとは言え、かなりの戦果にひっさつさんかなりご満悦と言ったところか。

 そして、満を持して会場であるタワーホール402号室へ。
既に首謀者(笑)であるむろかつさん夫妻、すっかり常連のハマクドーさん、音響職人のふかし師匠といった面々が集結しており、私もすんなりと場に溶け込んだ。
冒頭、あまり意識せずに仕事を辞した事を告げたが、むろさんが、
 「いや、会長、次がありますよ」
とだけ言って、辞めた理由などそんなことは気にならなかったのか敢えて訊かないでくれた。
ま、愚痴っても仕方ないし、自分も人の悪口を聴くのは余り好きではないので、人の悪口は言わない方がいいですよね、とだけ私も言う事でその場はどうにか収めて、後はいつものバカトークに花が開いた。

 その後、ジャンボ林原さん、久々登場のヂョ−宮崎さん、ジェット本山さんの「京浜三兄弟」が久々に勢ぞろいし、これまた久々登場のチャンプ原さんに、クドーさんに三好誤服店夫妻、ガンダム氏に太古先生も続々と到着、本日の面子これにて勢ぞろいと相成った。

 ルールについては…えどきゅうのページを見て下さい(をい)。

 要はタイトルにも掲げたとおり、箱根駅伝のすごろくなのだが、駅伝なのに食い物屋に入ったり、ヘンなところでヘンな事をしてしまったりという訳の分からない障害を乗り越えながらゴールを目指すという波乱万丈なすごろくなのである。
 で、昨年の私は往路優勝を成し遂げたので、今回は二連覇がかかったが、さすがにそれは無理だった。
 結局、優勝は私と同じ組の三好さん夫人ことキヨミさんの「世界の小川町大学(しかし、何という名前だw)」で、私は中盤手こずりながらもどうにか2位、3位にはハマクドーさんの「麻帆良(まほら)学園大学(「ネギま!」が元ネタらしい)」が入り、結果的に私の組が1・2・3位独占という物凄い結果に終わった。

 それにしても、何か起きるたびに「小川町のせいだ」で済まされてしまう三好誤服店氏、これはもう人徳としか言いようがない(謎)。

 その後は各自景品を頂いて三々五々解散。因みに私は太古先生が大和ミュージアムで入手してきた戦艦大和のエコバッグと山本五十六連合艦隊司令長官の言葉の書かれた色紙。
 「辛いこともあるだろう
  云い度いこともあるだろう
  不満なこともあるだろう
  腹の立つこともあるだろう
  泣き度いこともあるだろう

   これらをじっと
   こらえてゆくのが

  男の修行である」(原文ママ

…いや、心に沁みる(涙)。

 その後は各自帰途に就く。私はガンダム氏と大宮エキュートのパスタ屋「Jinjin」にてスパゲッティを食す。ピリ辛パスタの唐辛子の辛さが結構沁みた。

 さて、明日からまた職探しの旅に出るか。


 

*1:RGM-79ジムの水陸両用ヴァリエーション機。この項でも触れている「ハーモニー・オブ・ガンダム」でデザインされたオリジナルMS。

*2:本来、ザクはジオン公国軍側のMSなのだが、地球連邦軍一年戦争後に接収したザクを訓練用に使用していた機体も存在していた。とは言え、ちゃんと実戦用の兵装は装備している。

*3:今となってはすっかり影の薄くなってしまった家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」用のゲーム「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」に登場する、地球連邦軍オーストラリア方面特殊部隊、通称「ホワイト・ディンゴ隊」が使用するタイプのジム。一般的なジムと違い、機体はホワイトグレー系の塗装が為され、武装もマシンガンなどの実弾に変えられている(とは言え、レベルが上がるとビーム・スプレーガンや試作用のビームライフルが装備できるようにはなる)。全体的には防御力が高いのが特色。