読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

短期集中連載・えどきゅう合宿2013回想記・その2

話は海ほたるを出てしばらくの頃に遡る。
9月も末の時期だというのに、妙に暖かかった土曜日の昼日中、車内に置きっぱなしにしてあったワシの車内食…東京駅のNEWDAYSで購入したおにぎり2個(ネギトロとイクラ)が傷んでしまわないか心配だったのだが、どうやら無事だったらしくまるで貪るように食べていると、脇で三好のアホウ(こらこら)がやはり東京駅で買ったとみられるかの有名な泣く子も黙る(それは大げさか)崎陽軒のシュウマイを食べておった。しかも気前のいいことに、車内各人に一つずつ振舞うという。運転中の城島くんはシモシモ氏が取ってくれたようで、そのシモシモ氏にしてからが初の崎陽軒のシュウマイということで、何とも妙な昼食であった。ワシにしてから、おにぎりのおかずがシュウマイである。妙と言わずして何と言う?

さて、ファミリーマートの駐車場から長浦公民館まで我々東京駅組(運転手の城島くんを除く)と千葉合流組(荷物を取りに戻ったカムサさんを除く)は徒歩で向かう。農家あり、小さな商店ありで、さながら古きよき時代の田舎町の風情たっぷりである。
その長浦公民館はかなりの大きさ。シモシモ氏曰く「袖ヶ浦市の成人式の会場に使われる」だけあって立派な作りである。そして多目的ホールはさながら中学校の体育館という作り。これも中々懐かしくてよい。

各人それぞれ動きやすい格好に着替えたりする中、城島くんは何とシモシモ氏に対抗してバラマキクイズの準備を始めた。これにはシモシモ氏が唖然とした表情で、

 「うわぁ、俺動かなくていいやと思ってたのに〜…」

と愚痴っていた。城島くんにしてみれば、以前の「たほいや」で福引一発でせっかくの優勝を持ってかれたリベンジをここで補完したことになろうか。

その第1ラウンド、別名(と言いつつワシが勝手にそう呼んでるだけなんだが)「城島ラウンド」はGOROさんの記録によれば結果は以下の通り。

 1位:シモシモ氏(よってさっさと次の準備に取り掛かっていたのはご愛嬌…ではないな)
 2位:GOROさん
 3位:三好のアホウ(こらこら)
 4位:はっぴーくん
ワシは結局点数0を引いてしまったため最後尾に着いた時点ではっぴーくんの勝ち抜けを呆然と見送った(号泣)。

…いやぁ、むろかつさんが出てくるのはもう少し後なんだ、辛抱して待っててねなのだ、へけっ(謎)。