読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

ライブビューイング終了!そして

[新・妄想コラム]急遽短期集中連載!アイドルマスター10周年記念ライブ(今更ながら)ライブビューイング観賞記・その7

シンデレラの3rdライブのライブビューイングが終わってその感想も書かなければならないところなれど、その前にこちらを何とか書いておかなければならない。あと二回くらいかかるかな?まぁ、今暫しおつきあいくだされたし。

34:Fate of the World(ミンゴス
・劇場版をご覧になった方はお分かりいただける(らしい。ワシは未見なので何とも言い難い)一曲。
ニコ生のイベントでも歌われており、とにかく難しい曲という印象。ミンゴスもいとも簡単に歌っているようでかなり難しそうな様子が垣間見られる。
とは言うものの、これからクライマックスにかけてもうひと盛り上がりしておきたい場面だし、そういった意味では貴重な中継ぎエースのような一曲とも言えよう。

35:KisS(はらみー)
・誤植ではない。先ほどの「オーバーマスター」のカップリング曲。とにかくアダルトな感じがこれまでのアイマス曲にない雰囲気を醸し出す(イントロのサックスとか妙に黒っぽいベースラインとか)。
そして何より、はらみーが色っぽ過ぎてもう死にそうになるワシ(爆)。だって、「どこにキスしてほしい?」とかもう勘弁してよぉって…ワシが色気づき始めた中坊だったら完全にどうにかなっちゃってたな。

36:笑って!(中村先生)
・アニメ24話を思い出して泣きそうになった一曲。最後、エンディングの音が鳴り終わる前にマイクを外して小声で何か話しかけていた中村先生の感極まった表情がとても清々しく(確か「みんな笑って」って言ったのだったかなぁ…)もらい泣きしそうになってしまった。

37:またね(くぎゅ

38:First Step(あずみん

39:君が選ぶ道(じゅりきち)
・もうここから涙腺決壊ゾーンに突入。
何せ「またね」の歌い始めてしばらくたったところでくぎゅ号泣、あずみんも曲終わりに近づくにつれて次第に涙目に(でも最後には涙をこらえて精一杯の笑顔になっていたのでこちらが泣きそうになった)、じゅりきちもあふれる涙をこらえそうになりながら歌い切ったわけなのだが、もうこの辺からアイマス10年の歴史の重みみたいなものがプロデューサー各氏の心にこみ上げてくる。何と言うか、ちょうど「またね」の頃はアイマス2nd Divisionが始まったばかりとは言うものの、その後の音盤リリースに関しては未定という状況だったらしく(因みにワシがアイマスを知ったのはこの辺)、キャストの皆さんも不安を抱えた状態であったことは想像に難くない。というようなことを考えると、くぎゅの涙はそのころを思い出したものだったのかな?と推測してみる。

上手くまとまらなかったが本日はここまで。