読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

そう言えば更新してなかったな…

というわけで、去る12月20日に行われた定例会についてざっと振り返っておきます。

 1:定期総会
・今回を以て、長年幹事として会を牽引してきたむろかつさんが幹事を辞し、新幹事団による体制が始まることに(とりあえずまずはお試し期間…いや、ここは米国大統領に因んで「ハネムーン期間」と称した方が良いのかな?)。
・新幹事団の人選と、会計報告等89を済ませて簡単ではあるが総会終了。
・ワシの企画で使うということはまずないかもしれないが、そうか、プロジェクターってそんなにかかるのか…。

 2:第2回「芝浜杯」
・続いてはワシの企画…と称してはいたものの、むろかつ・テトラ両氏の全面的パックアップを受けた形で行われた今回の企画(因みに企画者名は「ひっさつうへのsupported byチーム結いの党」である)。

 第1ラウンド:ペーパークイズ(全50問・第2期天元戦)
 ・むろかつさん用意の珠玉の問題。いくらか自分の出題と被った部分があり苦笑してしまった。こういうことは黙っていた方が良いのだとつくづく反省。
 参考記録ながらワシは2位。一位は…というところで次に続く(こらこら)。
 

 第2ラウンド:アップダウン(10○2×)
 ・実はテトラさん用意の第2ラウンド用問題をプリントアウトするのを忘れており、ワシが二度出題間違いを起こすという考えられないレベルでのミスからスタート。何というか今回はダメダメな部分が目立つワシであった(猛省)。のどの調子は良かったのだが…。
 ・序盤からはおさん・ハマクドーさんの壮絶な押し合いとなったが、17問目「干戈を交える」でハマさん見事に勝ち抜け。はおさんも正解を重ねるものの正解数でリーチをかけながらまさかの失格。
 ・最後の一枠を残り二人(ろりくん・キャッスルさん)の誤答によりむろかつさんがゲットするという何とも意外な展開に。
 ・テトラさん問題の最後の答えが「出囃子」。むろかつさん問題の最初が「出囃子」。うーむ、何たる偶然。
 ・続くむろかつさん問題ラウンドはかなり平たい展開となるものの何故か理系問題を押し負けてもほかの問題をするっと正解していたミキオさんが24問目「オッズ」で一抜け。
 それからほとんど間をおかず28問目「アオザイ」を正解したろりくんが二抜けを果たした。

 第3ラウンド:ラストチャンスビッグウェーブクイズ(第16期王位戦
 ・前半ラウンドははおさんが圧倒的な強さを見せ24問目「ドルリー・レーン最後の事件」を正解。シモさん曰く「クイズを楽しんでる」という風格すら感じられる。
 ・後半ラウンドは初参加となるキャッスルさんが躍動。癖の強いワシ製作問題(それも結構難しめ)を答えてゆく。
 今回のワシのテーマは「トリプルスリーを達成した選手」と「答えが同じ(ような)問題」に前回正解が出なかった問題・未出題の問題をかなりいい加減にミックスした代物だったのだが、3問目「岩本義行」を「小鶴誠」と誤答した以外はいい読みで答えてゆく。いやぁ問題の作り甲斐があったというものだ。
 ・とは言え、今回のラウンドには「腐った芸能の鬼」おぐのりさんがいる。さすがに今回は「誰もいないようならおぐのりさんがくるかな」とは思ってはいたものの、これほどまでとは…。

 決勝ラウンド:7○3×
 ・良いのだろうか、決勝の問題がこんないい加減な代物で…何というか、全体的に今回の問題に関しては数を揃えようとするあまりに詰めの甘さが目立った。
 ・よもや「怪しい事件史の鬼」むろかつさんがその「怪しい事件史」問題で飛ぶとは…。
 ・結局、全ラウンドから数えて89問目にあたる「ララバイ」を答えておぐのりさんが芝浜杯を制した。予選1位がそのまま決勝で勝つというのはワシらの例会では極めて珍しいらしかった。

 3:忘年会
 ・それから三々五々忘年会会場である「肉のハナマサ」へ。新橋駅でガンダム氏も合流し、参加者は12名…だったかな?
  それにしても、年々食が細ってゆくなぁ>ワシ。バクバク食ってめちゃくちゃ喋っている面々がひたすら羨ましかった。

 …とまぁ、こんなところである。
 そうこうしているうちに、今年も残りわずか。明日は年内最後のシンデレラガールズライブビューイング観戦記、そして大みそかは「2015年を振り返る」を執筆予定でありますので、過度な期待はしないでください(謎)。