読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

短期集中連載・「アイドルマスターシンデレラガールズ・2nd Live Party M@gic!」観覧記その4〜第3部「はじけたおもてなし」編まで

17:メッセージ(出演者全員)
 2曲目に歌われた「We're the Friends!」のカップリング曲。一応前半最後の曲とあって、出演キャスト全員で歌われた。
 イントロのピアノの音色の清涼感、出だしの歌詞が英語だったり、それまでのシンデレラガールズの楽曲としてはかなりハイブロウな部分もある曲だが、聞いてみれば実にさわやかな一曲。
 曲が終わって背後のスクリーンに映し出された映像は、歌い終わってステージ前方に手を伸ばしているはっしーの指先に光が集まって、手紙の形になって客席へ飛んでゆく…という凝った映像。観客席からはかなりの歓声が上がっていた。

18:ゴキゲンParty Night(後半ブロック出演者)※後述

さて、ここからが後半。この曲自体は(いや、「も」と言ったほうがいいか)このライブの時点ではまだ視聴段階で、フルコーラスは今回初披露なのだが、もはやそんなことは関係ない。
今回この曲を歌ったメンバーは、
 キュート:・大橋彩香さん(島村卯月役:通称はっしー)
      ・高森奈津美さん(前川みく役:通称なつ姉)
 クール:・福原綾香さん(渋谷凛役:通称ふーりん)
     ・青木瑠璃子さん(多田李衣菜役:通称るーりー)
     ・上坂すみれさん(アナスタシア役:通称すみぺ)
     ・松井恵理子さん(神谷奈緒役:通称まつえり)
     ・渕上舞さん(北条加蓮役:通称まいまい)
 パッション:・松嵜麗さん(諸星きらり役:通称れいちゃま)
       ・山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役:通称のぞふぃす)
       ・佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役:通称るるきゃん)
の10人。その2で触れた面々以外…と言ってしまえば簡単なのだが、さすがにそれは手抜きとの誹りを免れないため…。
前回の「Jeweries 001」に収録された共通新曲「ススメ☆オトメ〜Jewel Parade〜」が何だか切なくなってくるようなもの悲しさを孕みながらも希望を歌いあげているのに対して、この曲は楽しめる時間を楽しめるだけ楽しもう!という非常に前向きな感じが溢れていて楽しい。
 そう、まだまだ「パーティーは終わらない!」。


19:毒茸伝説(さっつん)
さて、ワシらは次はいったいどんな曲が…とステージを見つめていると、赤のきつい照明の中、ゆらり…と人影が動いた。
あまり背の高くないその人影は、ステージ衣装の上から、よくロックミュージシャンが着るような黒い革ジャンを無造作にばさっと羽織る。
ぱっと向き直る。
間髪入れず曲のイントロ。そして…

「♪いぃぃぃんヴぇぇぇぇぇぇぇいい!!」

きたぁぁぁぁぁぁ!シンデレラガールズきっての問題作が来ちゃったよぉぉぉ!!
しかし、開演前に流れた「紅」のカバー曲にまでケミカルライトを振ってしまうプロデューサー諸兄たちという名の兵たちはそんなことではびくともしない…はず。
曲調に合わせてヘッドバンギングする者もいれば、曲中に頻出するデスヴォイスを再現する者もおり、そのノリは違えどもこの曲で熱狂する者が多かったという事実は動かしがたかった。
ワンコーラス目はロックヴォーカリストよろしくスタンドマイクで、ツーコーラス目からはスタンドからマイクを放し、縦横無尽に走り回って声も枯れぬばかりに熱唱するさっつん、ホントにかっこよかったです。

20:メルヘンデビュー(まりえってぃ)
「その時、代々木第一体育館に不思議な光が下りてきたのです…」
ワシら「誰だー…誰だー、誰なんだー!?」

をい、スタッフ、ワシらを殺しに来てるな!?
かの「毒茸伝説」の後にミミミンミミミンウーサミンだとぉ?
…と心の中で叫ぶほどもう大変な状態であった。
何せワシの手持ちのケミカルライトはもう殆ど光を発していない状態(使用時間15分程度って書いてあったんだよなぁ…むしろよくそこまで持ったものだ)で、そんな光ってもいないケミカルライトを一生懸命振ってましたさ。ただでさえ幕張の時はキュートカラーのケミカルライトが折ったのに光らないというアクシデントに見舞われたので、キュートの方の出番には気を使ってましたさ。
もうこの曲を乗り切れた理由が「周りのプロデューサー諸兄の熱気に救われた」以外見当たらないです、はい。

21:あんずのうた(ゆきんこさん)
ワシら「次は…まさか…」

「い、いやだ!私は働かないぞ!」

ワシら「やっぱり〜!!」

いや、ほとんど読めてましたよ!?でも、ホントにやるとは思わんわけですよ、普通は。でもやるしかないんですよ、何故なら、持ち歌が各自それぞれ一曲しかないんだから仕方ないんですよ。

今回も背後の映像がもう暴走しすぎて大草原発生。もうこの時点でワシ、喉がガラガラ。

22:ましゅまろ☆キッス(れいちゃま)
さて、歌い終わった双葉杏役のゆきんこさんがステージ中央にぺたりと座り込んで杏になりきって小芝居しているところへ、次の出番であるれいちゃま登場。何と今回は、観客席みんなで錆の部分だけ共通の振り付けをするという趣向に。意外に五芒星が難しかった。でもなんか楽しい。
それにしても、この曲はどっちかというと「かわいくおもてなし」の方がしっくりくるような気もするんだが…。

23:ミラクルテレパシー(えりぴょん)
今回初ステージとなるえりぴょん、そんなプレッシャーなどどこ吹く風とばかりの元気いっぱいのステージを見せてくれた。
後で調べて分かったんだが、声優アイドルユニット(名前忘れちゃった)でもリーダーを務めており、結構トークスキルも高い。それに、背が低くてポニーテールということもあって、途中赤城みりあ役の黒沢ともよさんと混同している自分がいたりして。
曲の間奏を長目にとっての「サイキック・イリュージョン!」ではバックダンサーさんの一人を瞬間移動させ…たつもりが、幕が上がって出てきたのは、座布団に座ってお茶を飲んでいるゆきんこさん!このハプニングにみんな大爆笑!いやぁ、ベタだなぁ。後のMCでも「いや、人がお茶飲んでるところで何か知らないけど気が付いたらここにいて…」としどろもどろに釈明するゆきんこさんもホント面白かった。

24:Orange Sapphire(よくばりSi☆’s)※後述
「よくばりSi☆’s(よくばりしすたーず)」とは、「アイドルマスターシンデレラガールズ」に出演している声優3人によるユニットである。
メンバーは、
 ・佳村はるか城ヶ崎美嘉役)
 ・原紗友里本田未央役)
 ・山本希望城ヶ崎莉嘉役)
の3人。
2014年に突如結成され、主に「アイドルマスターシンデレラガールズ」関連のイベントを中心に活動。
…って「Wikipedia」かい!
ゲームでの設定年齢順に美嘉・未央・莉嘉という順で(中の人の年齢は大体似たり寄ったりらしいが)同じパッション属性ということで、今回のステージではファンの間で人気も高いこの曲を任されたわけなんだろうが、想像以上に盛り上がってたなぁ。いや、元々物凄く盛り上がる曲なんだけど「君ら、すでに元気なおもてなししてきたばかりだろ?」
というツッコミどころもあるわけで。
何やらワシそっちのけでガンダム氏が大いに盛り上がっていた。誘った甲斐があったというものだわい。

さて、残すところはいよいよ最終ブロック。ということで、本日はここまで!