読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

急遽短期集中連載!アイドルマスター10周年記念ライブ(今更ながら)ライブビューイング観賞記・その2

 だいぶ間が空いてしまった(猛省)。

09:自転車(ひろみさん)
・いやぁ、この人の声ってホントに心地よいんだわ。何と言うか、ボーイッシュな少女の声の理想形って言うのか、少年声もいけるのではないかと。野沢雅子田中真弓の後継者…と言いきるのはまだ早いかもしれないけれど。
一応対外的には「ひろりん」とか「ひろみん」と呼ばれているのだが、個人的には「ひろみさん」とお呼びしたい。
今回のライブビューイングに関していえば、まぁ初日は765プロ中心のステージになることだし、ベストアルバムを適当に聞いておいたら予習にはなるかなぁ…などと思いつつ全くと言っていいほど何も聞いていなかったわけだが(をい)、一応ワシが持っているベストアルバムは「765+876=‼!」という「アイドルマスターDS*1」も含めたベストアルバムくらいだったのだが、結構このアルバムからの選曲が多かったのにはびっくり!こんなんだったら残らず聞いておけば良かったと反省。
曲自体とってもストレートでさわやかで、結構真ファンのみならずアイドルマスターのプロデューサー諸氏にも人気の高い曲だったせいか、サイリウムを振る人と小声で一緒に歌っている人が(ワシ含む)半々ぐらいだったか。

10:DIAMOND(くぎゅ
・そしてこちらは、タイトなリズムとぶれない姿勢でプロデューサー諸氏を括目せしめる、まさに水瀬伊織らしい楽曲。初出は「M@STER ARTIST 2」。
アニメでは(というかゲームから)真と雪歩が何となく仲が良くて、真と伊織は何となくいがみ合っている感じだったが、さわやかさ勝負の真に対して、こちらは火花の散るような力強ささえ感じさせる。そう、アイドルの形なんて一つじゃないってこと。それを、この「アイドルマスター」というコンテンツは10年間主張し続けてきた(何か某gouzou氏みたくなってきたな)。
それにしても、普段喋っている声と伊織をはじめとする「ツンデレ」なキャラ声って全く違うんだよなぁ…恐るべし、くぎゅ

11:空(じゅりきち)
・生で(と言ってもライブビューイングなのだが)この曲を聴くのは実は初めて(と言うか、一部を除けばほとんどの楽曲がそうなのだが)。
さわやかさ、力強さに続いては「全てを包み込む暖かさ」の象徴とも言うべきこの曲。初出は「M@STER ARTIST FINAL」から。
これも何度となく聞いてきた曲なので、サイリウムを振りながら一緒に小声で歌っていた。

12:THE 愛(中村先生・あずみん・じゅりきち)
・まさかのじゅりきち二連投(謎)。初出は「765+876=‼!」。
ここで滅多にライブで歌われないこの曲を持ってくるとは…と驚くにはまだ早かったことをワシはこの後痛感することとなる…。

というわけで、すみません、いつになるかはわかりませんがまだまだ続きます。




 

*1:アイドルマスター」のセカンドヴィジョン企画第1弾として、シリーズ設定をガラッと変えて発売されたソフト。対応ソフトはニンテンドーDS。ストーリーは結構評価が高かったもののあまり売り上げは伸びなかった模様。