読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

急遽短期集中連載!アイドルマスター10周年記念ライブ(今更ながら)ライブビューイング観賞記・その5

早くしないとシンデレラガールズ3rdライブのライブビューイングと重なってごっちゃになってしまうので、早く書き上げてしまわないと。

25:9:02pm(チアキング)

・ここからは歌唱力が要求される楽曲のパート(と言っても2曲だけだけど)。
あずささんは胸がでかいだけではなく歌も上手いんだぞ、と思わしめる大人の雰囲気で迫るバラード曲。何せテレビサイズバージョンである。

 「♪君を今〜感じたら〜(好き)」

はい、この「(好き)」で萌え死にます(苦笑)。

26:蒼い鳥(ミンゴス

・世に「青い鳥」と名の付く楽曲はたくさんあるが、この「蒼」の字を使うのはたぶんこの曲だけではあるまいか。
ミンゴスと千早が一体化して感じられる原点の一曲と言っていいかもしれない。なおかつテレビサイズバージョンであるため、マスターバージョン(つまりフルコーラス)に比べて若干テンポが速くなっているため、CDでしか聞いたことのない人には新鮮に感じられたかも(かく言うワシもその一人)。


27:自分REST@RT(765PRO ALLSTARS+)

・そして、アニメ「アイドルマスター」第13話で初披露され、近年のアイマスライブではここぞというところの盛り上げどころで歌われるようになった曲。
ワシらもライブビューイングではあるものの各々サイリウムを振って盛り上げる。そりゃ会場からは見えておらぬかもしれないが、そんなことはどうでもいい。
ただワシらはアイマスというコンテンツを精一杯愛し、魂を傾けて応援する、それだけなのだから。
ここまででメドレー終了。ひとまずシンデレラガールズとミリオンスターズのも終了と相成る。

ここで暫しの休憩…なのだが、休憩時間にも今回のステージに出演がかなわなかった秋月律子役の若林直美さん・高槻やよい役の仁後真耶子さん・星井美希役の長谷川明子さんのそれぞれ役になり切った声によるコントが繰り広げられたり、シンデレラガールズ&ミリオンスターズによるサインボールバズーカで観客席に打ち込むパフォーマンスが繰り広げられたりと、ただで休ませてはくれない構成は、さすがアイマスである。

28:DREAM(ミンゴス・はらみー・くぎゅ
・ここからは後半。ぐっと最近の曲が多めになるかと思いきや、これまたレアなこの曲を一発目に持ってくるとは!
先の「The 愛」後の「LOST」と共に765+876三部作という位置づけになる楽曲で、タイトルの「夢」からくる明るいイメージとは少し異なる、傷ついてもなお夢を追い求めようとする「覚悟」を歌った歌。
 手を腰のあたりでひらひらさせるミンゴスの振り付けはフラメンコを意識したものか?

さて、ということで本日はここまでということにさせていただきたい。また明日当たり書こうっと。