読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

嵐のような、或は怒涛のような一週間

後で「定例会始末記」としてアップする予定だが、今週は平成28年初の定例会が日曜日に行われ、月曜日に大雪が降って大変に難儀し、それ以外は特に何事もなく平穏無事に過ぎた。

アイドルマスターシンデレラガールズ」3rd Live「シンデレラの舞踏会~Power of Smile」ライブビューイング観賞記・第2日目その4(前半その2)

ここから先は正に疾風怒濤!

9:Rockin' Emotion(やすきち)
・うおぉ!ってなりましたさ、そりゃ。ナチュラルメイクに近い顔色、手にはライダーグローブ、どっからどう見ても木村夏樹こと「なつきち」(あ、逆だ)でしたさ、そりゃぁもう。
女性プロデューサー諸氏の反応はどうだったんだろうか、いま一つ分からなかったが、結構盛り上がっていたのだろうなぁ…。
後のMCでは「膝が笑いっぱなしで」と苦笑いを浮かべていたやすきちではあるが…とてもそんなふうに見えなかったよ!

10:Twilight Sky(るーりぃ)
・やすきち:「後は頼んだぜ、だりー!」
 るーりぃ:「オッケー、なつきち!」

うおおおおおお!

滾った!久しぶりに魂が滾ったよ!これこそロックだ!
もう何を言っているのか自分でもよく分からなくなっているが、それくらいこの時のワシは、いや、この時の会場は大いに盛り上がっていた。
ソーシャルゲームアイドルマスターシンデレラガールズ」が稼働して4年。初期に行われたガチャイベント「スクールガールコレクション」や以降に続くイベントがないまま終わってしまった幻のイベント「ロッキングセッション」などでのなつきち・だりーの名コンビがステージで見られるとは!長くプロデューサーやっててよかったとおそらくほとんどのプロデューサーが思ったのではあるまいか。

11:Nocturne(なお坊・飯田氏)
・聞きなれないイントロに?となったが、すぐに「あ、限定CDの曲か」と気づいた。
なお坊さんはキャラ声でも歌唱力が物凄いが、それに優るとも劣らない飯田氏の歌唱力も物凄い。
その物凄さを、後半ではまざまざと見せつけられることになるわけなのだがそれはまた後の機会に。

12:Memories(あやっぺ・ふーりん・るるきゃん)
・デュオ曲をトリオで、という非常に珍しい試みの曲。
オリジナルを歌っているあやっぺ、昨日の初日で歌ったふーりんはともかく、何故るるきゃん?と最初は不思議だった。まぁあやっぺとは声優養成所時代に同級生だったらしいが(←関係ないか)。
ただ、ふーりんの声の圧が強い他は結構バランスが取れていたような気がした。

13:2nd Side(まつえり)
・作曲者つながり(同じestiさん作曲)ということでこちらに。
結構いろんなところで披露しているせいか、まつえりさんも安心して見ていられる演者の一人に。いつもながらプロデューサー諸氏のサイリウムによる光の彩りは見事の一言に尽きる。

14:Wonder Goes On!(アスタリスク+なつなな+れいちゃま)
・当初はマリエッティの代わりにれいちゃまがクレジットされており、「オリジナルメンバーじゃなかったかぁ…」とやや落胆したワシらプロデューサーの眼前に広げられた奇跡…それはせり上がりから登場した演者の姿だった!ま、マリエッティ!…あ、そう言えば前説やってたもんなぁ…。
とにかくノリが良くて勢いのある楽曲だけに、一度盛り上がってしまえばもうこっちのもんとばかりに、みんなの歓声も最高潮であった。

さて、ようやっと折り返し地点。いよいよ豪華メドレーだよ!というところで今回はここまで。次回をお楽しみに!