読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

「アイマスタジオ特別最終回」をタイムシフトで聞きながら

いやぁ、最後の最後まで何てフリーダムな番組なんだ(褒め言葉です)。


アイドルマスターシンデレラガールズ」3rd Live「シンデレラの舞踏会~Power of Smile」ライブビューイング観賞記・第2日目その7(後半その2・または清く正しくシンデレラガールズ(謎))


さてさて、久しぶりに書き進めるこの記事。プロジェクト・クローネ勢も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたが、シンデレラプロジェクトの面々も負けてはいない。
いやいや、アイドルという同じ舞台に命を懸ける身ならば、寧ろ共演という名の魂の共鳴ではないか!

30:この空の下(あやっぺ・つぼっち・そらそら)
・すみぺ・まれいたそ両名欠席でこの曲を誰が歌うのだろうか?と気がかりではあったが、「Nebula Sky」も「LEGNE…」もどうにかやり遂げた以上、できないことはないな、と思い直したワシ。そして、その直感は思いがけず当たった。

 意外なようだが、まれいたそって全体的に声につやというか、結構甘さがあると思う。すみぺの声にも(他のキャラソンとは違うかもしれないが)独特の癖というか、甘さがあるなぁ、と。
 その甘い声質を活かせるのは誰だろうかと思ったら、キャンディアイランドのこの二人をおいて他にはいるまい(れいちゃまは声の質はともかく曲調的に結構難しいと思われるし、なつ姉は甘いというのとはまた違うだろうし…ホントに難しいなぁ。まぁ、あまりにキャラに寄りすぎることを考えると、ね?)。

31:つぼみ(飯屋・もよちー&のじょ・アスタリスク・あんきら+るるきゃん)
・「飯屋史上最大級の清さ」再び!
しかも今回は
 ・もよちー&のじょ(アニメの役名では「みりあ&莉嘉」)の「お子様コンビ」
 ・「解散芸」でおなじみの「アスタリスク」ことなつ姉&るーりぃ
 ・シンデレラガールズのプロデューサーならば知らなきゃモグリ!「あんきら」ことゆきんこさん&れいちゃま
 ・アニメでは未央の頼れる先輩「城ヶ崎美嘉」役のるるきゃん
というコーラス部隊を従えての歌唱!とくれば、何とも言えず感慨深くなる!
未央と同じ「パッション」属性キャラを演じる声優さんが4人、公私ともに仲のいい、或はアニメでも関わることの多かったキャラを演じる声優さんもかなりの割合で含まれているこの布陣、もう何と言うか感動させにかかってきたような気がした。

32:心もよう(飯屋・ふーりん)
・そして感動の第23話を彩ったニュージェネレーションズの新曲へと移行する。
あれ?卯月は?はっしーは?とも思ったが、これはアイドル活動に対する自信を喪失し、力ない笑みを浮かべるまでに落ち込んでしまっていた卯月を励ますように歌っている…と解釈すれば頷ける構図だなぁ。
 この曲に関していえば、ニュージェネレーションズを演じる3人は、
 「キャラじゃなくて、声優さん本人の声で歌ってください」
というディレクションを受けたのだとか。キャラ声で歌って変に感情がこもりすぎないように…ということなのだろうな。現に、聞いているワシらの方がもう感情がこみ上げて止まらなくなるのだから。

33:流れ星キセキ(ニュージェネレーションズ)
・とここで、舞台のせり上がりからはっしー登場!もう何と言うのか、こんなに安心して見ていられるステージはない!

34:S(mile)ING!(はっしー)
・アンコールを除けば、このライブにおける各個人・ユニット曲はこの曲に始まり、この曲に終わった。
一瞬だけ泣き顔になりかけたはっしーだったが、歌い始めればいつもの通りの満面の笑顔!本当にこの子は、心から歌が好きなんだな、いい役に巡り合えたな、と改めて思った。

さて、次回はいよいよ最終コーナー。ちょっくら駆け足気味になってしまったが、次回はもっとじっくりと書く予定。お楽しみに!