読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

後片付け忘れた…

おかげで午後まるまるかなりへこむことに。あぁ、早く就職したい…(泣)。

【短期集中連載企画】「アイドルマスターシンデレラガールズ」4th Live「TriCastleStory」さいたまスーパーアリーナ公演初日「Brand New Castle」ライブビューイング観覧記・第3回

~狂乱!サプライズゲスト出現!と言っても妖怪でも怪獣でもなく…という疾風怒濤の第2幕~

暫しのMCを挟んでここからは、ただでさえ予想しづらかったこの「BrandNewCastle」を象徴するかのような選曲がワシらプロデューサー諸氏を直撃してくるのであった…。

16:きみにいっぱい☆(チームPassion)
・神戸公演でも披露されたパッション属性曲。サンバのリズムが心地よい。この曲もトロ…じゃなかった、馬車で会場を一周しながらの披露となった。

17:恋色エナジー(しのしー)
・最初見たときはホントにリアル中野有香だなぁと感心したしのしーこと下地紫野さんのソロ曲。熱いリズムと正統派アイドルソングと言うべき歌詞が絶妙にマッチしたなかなかの一曲。間奏では空手の型のような振付も交えたダンスがプロデューサー諸氏の歓声を受けていた。

18:花簪‐HANAKANZASHI‐(りっかさま、たねちゃん、まきのん)
小早川紗枝のソロ曲を本来の歌い手であるりっかさま、サポートをたねちゃんとまきのんが担当して披露。
今回のステージはメインステージからセンターステージに移動したり、メインステージでも城のバルコニー部分を使ったり、そうかと思うと馬車を動かしたりと広い会場をフルに使った演出が目立ったが、激しいダンスをそれほど要しない楽曲は押しなべてバルコニーで歌う形…というのは定着で良いのかしら?まぁ、あまり動き回れるスペースもなさそうだから仕方ないかもしれないが。

19:秘密のトワレ(ことみん)
・待望久しかった一ノ瀬志希のソロ曲は、一筋縄ではいかない楽曲で知られるササキモトコさん作詞作曲による妖しい理系女子の危険な恋を歌ったナンバー。
これが初ステージとは思えないほどの落ち着きっぷりを発揮することみん、恐るべし。最後の流し目が物凄く色気があってよかった。

20:咲いてjewel(チームCool)
・属性曲最後。こちらも馬車からの披露。
実は、CDは購入したもののあまりこの曲が入った「Jewelries」シリーズは通して聞けていないのだが、各属性曲は概ね良曲ばかり。とりわけワシはクールPなので、この曲は特に気に入っている。
無機質なようでいて雄弁に熱い感情を語りこむようなシンセサウンドと、クール属性曲なのに思い切り刹那の恋に身を焼くような熱い歌詞がたまらなく良いんですよ。

21:ミラクルテレパシー(えりぴょん、あじゅじゅ、ななみん)
・堀裕子のソロ曲を、本来の歌い手であるえりぴょん+あじゅじゅ、ななみんで。
堀裕子のステージ衣装である赤いジャケット、片桐早苗の青い婦人警官の制服、大槻唯のステージ衣装はオレンジ/イエロー系統の配色…赤・青・黄色ってそんなあなた、太陽戦隊サンバルカンじゃないんだから(古いわい)。
 いつもながらこの曲もステージの背景が凝っているのだが、今回は背景のスクリーンにスロットマシンが登場、左に7、真ん中に7そして右に…チェリー(一同ずっこける)。しかし!さすがはエスパーアイドル堀裕子、ムムムーンとサイキックパワーで右のスロットを動かし見事に7が三つ揃う!…というほとんどインチキじゃないかという演出でした。

 この歌が終ったあと、あれ?と思った。
 歌い終わったはずの3人がステージからはけないのである。そのまま三人でメインステージからセンターステージに向かって何やらサイキックパワーを送っているような…。
 「サイキック…召喚♪」と意味ありげに呟くえりぴょん。一体何なんだ…?

22:To My Darling…(サプライズゲスト:竹達彩奈さん(輿水幸子役・通称「あやち」))
・あれ?聞き覚えのあるイントロだな…と最初は思った。何回となく聞いた輿水幸子のソロ曲「To My Darling…」のイントロである。
でも、演じる竹達彩奈さんこと「あやち」は声優業界でも一二を争う人気声優さんの一人。滅多なことじゃシンデレラガールズのライブになんて来てくれるはずもないよなぁ…じゃぁこの曲は誰かほかの人が歌うんだろう…と思っていた…その時までは。
 センターステージのせり上がりから登場してきたのは…その、来るはずのないあやちだったんだよ!これが驚かずにいられるかってんだこんちきしょう!
 暫し茫然、ややあって驚きに似た歓声が上がった…それはライブビューイング会場でもそうだった。まさか!これは夢じゃないよな!?いや、でも確かに歌っているのは…。
 
 このステージ衣装は、幸子の衣装だ!

やはり他のキャストさん同様、「アイドルとして輝きだした」衣装…黒のゴシック調のミニスカドレスみたいなやつね…前髪のたらし方がホントに幸子なんである。
気が付いた時には、シンデレラガールズの曲の中でもとりわけ好きなこの曲をまだ信じられない表情のまま口ずさんでいた。いや、結構いい曲なんですよ。

そして、歌い終わったあやちを出迎えるようにキャストさん全員がステージに登場する。何故か真ん中が空いているのだが、どうやらそこはあやちのために空けてあったらしい。しかし、当のあやちは知らず知らずのうちにステージの端の方に移動していたため、そのことを指摘され「え!?」とびっくりしたような声を出したのだが、あぁ、この声がまたしても幸子なんだよなぁ…。
そして、幸子…じゃなかった、あやちセンターへ移動して、このブロックの締めに入る。

23:Near to You(全員)
・今年発売された「Jewelries」シリーズの共通曲。「スターライトステージ(略称・デレステ)」のイベントでもかなり聞いた曲。
ホントにアイドルソングとして普通に巷に流れていても違和感のない楽曲なんだが、こうしてそれぞれの衣装に身を包んだキャストの皆さんが歌うとやはり「シンデレラガールズの曲」という実感がひとしおである。

いやぁ、まさかまさかのサプライズに驚く間もなく、まだまだ公演は続く!…のだが、今回はここまで、以下次回。