シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

そう言えば、数日前にこんなことがあった

いつものようにワシが交換済みのシーツや枕カバーなど(いわゆるリネン類)を所定の場所に移していた時のこと。
ワシの勤める介護施設はその裏手が住宅地になっているのだが、冬休みとあって小学生くらいの子供たちが外で元気に遊びまわっていた…のはいいのだが、どうも様子がおかしい。

自転車に乗って走っている子が3人、その真ん中を一人の男の子がはぁはぁぜいぜい言いながら走っている。
え、その男の子にぴったりと寄り添うように自転車を走らせている男の子がこう叫んでいるのが聞こえた。
青山学院大学、凄まじい追い上げです!」

箱根駅伝ごっこかよ(苦笑)。
いや、気持ちはわかるが、だったらもっと大人数でやった方が良いのではないのかい?とワシは思ったのであった。

さて、では始めるとするか。

【短期集中連載…なんじゃないだろうか、きっと…いや、ならないんだろうな、たぶん】「アイドルマスターシンデレラガールズ」6thLive「Merry Go Roundome」ナゴヤドーム公演二日目ライブビューイング観覧記・第2回

~こいつはすごいぜ!最初からクライマックスな第1ブロック~
これまでの公演と同じように、バックダンサーさんたちがバレェを思わせるような華麗な踊りで、遊園地の開場を急ぐ職員の皆さん方の動きを再現する。ホントに優雅な動きだ。
そして音楽の高まりとともに門が開かれ、アイドルの皆さん方がステージに集合してくる。ここで大歓声!いつもながらワクワクが物凄い勢いで加速する。

1:イリュージョ二スタ!(全員)
・そして開幕はこの曲。この4公演を通じてすっかりお馴染みになった感のある曲。イントロからしばらく続く手拍子は本当にやってて楽しい。ステージ上のキャストの皆さんも楽しそう。
 今回出演した面々は以下の通り。例によって例のごとく「声優さんの名前(役名/ニックネーム)」という表記となる。

cuteチーム
大橋彩香島村卯月役/はっしー
朝井彩加(早坂美玲役/あしゃかしゃん)
五十嵐裕美双葉杏役/ゆきんこさん)
大空直美緒方智絵里役/そらそら)
津田美波小日向美穂役/だーさん)
牧野由依佐久間まゆ役/まきのんさん、ここまでが二日間共通)
・会沢紗弥(関裕美役/さぁやん)
・種﨑敦美(五十嵐響子役/あっちゃん)
・中島由貴(乙倉悠貴役/しまゆきちゃん、ここまでが二日目のみ)

Coolチーム
福原綾香渋谷凛役/ふーりん)
青木瑠璃子多田李衣菜役/るーりぃ)
鈴木みのり(藤原肇役/みのりんご<「ンゴ」と略される場合もある>)
高橋花林(森久保乃々役/かりりん)
渕上舞北条加蓮役/まいまい)
松井恵理子神谷奈緒役/まつえり、ここまでが二日間共通)
田辺留依(荒木比奈役/るいるい)
長島光那上条春菜役/みつやすさん、ここまでが二日目のみ)

Passionチーム
原紗友里本田未央役/飯屋)
鈴木絵理(堀裕子役/えりぴょん)
高田憂希(依田芳乃役/ゆうゆう)
のぐちゆり及川雫役/ちゃんゆり、またはのっぐ)
松嵜麗諸星きらり役/れいちゃま)
松田颯水(星輝子役/さっつん)
和氣あず未片桐早苗役/あじゅじゅ、ここまでが二日間共通)
武田羅梨沙多胡(喜多見柚役/らりっさ)
・花井美春(村上巴役/るんるん
山下七海(大槻唯役/ななみん、ここまでが二日目のみ)


…以上、総勢27名による…と簡単に言うけれど、キャストの皆さんも忙しい中を集まっていただいてこの人数なのであって、声の付いたキャスト全員集まるようなことがあったら…大変なことである。

そして、各キャラになり切った自己紹介を経て、今回のテーマ「冬の遊園地」に沿った曲が披露されてゆく。
そうそう、あまりにも今回の公演を通じて、各キャストさんたちとその演じるキャラのシンクロ具合が物凄かったので、今回の公演紹介記事では、歌唱者の名前は各キャラクターの名前で表記することにする。

2:Snow Wings(島村卯月渋谷凛本田未央上条春菜・大槻唯)
・イントロが流れた瞬間、大きなどよめきにも似た歓声が沸き起こった。そう、冬と言えばこの曲。キャストが発表された時点でこの曲を歌っていたメンバー全員が揃うことはもうわかってはいたのだが、まさか一曲目から来るとは思わなかったぞ!
思えば、真冬の「デレステ」イベント楽曲として発表されたはずなのに、CD化されたのは春先だったり、なかなかオリジナルメンバーが揃わなかったり、何よりライブが飽きに行われることが多いせいか季節感にも恵まれなかったり…と何かと不遇なこの曲ではあったが、ようやっと、ようやっと納得のゆく形でプロデューサーさんたちの前に披露されることと相成った。ワシも嬉しかった。きっとガンダム氏ももしこの場にいたら感慨深くなっていたことだろう。

3:追い風Running(乙倉悠貴)
・そして昨年以来となるこの曲。相変わらずのスピード感としまゆきちゃんのキュートさ、そして変わらぬ目力の凄さにすっかり魅了される。
最近では「バンドリ!」などでも大活躍中の彼女、一段と進化した気がした。マイクを外した「おはよっ」もホントにぐっと来た。

4:アツアツ♪マカロニグラタン(五十嵐響子)
あっちゃんかわいい(激はぁと)。
ワシもこんなふうにグラタン作ってもらいたいわい、と心の底からそう思ったワシであった。

5:Sunshine See May(藤原肇+依田芳乃=山紫水明)
・「デレステ」内で行われたイベントでも好評だった楽曲。ホントに癒されるなぁ。
表情までが癒し系なみのりんごと、やや上ずった声ながら甘い歌声が印象的なゆうゆう、二人の声がまるで溶け合うように響き渡る。照明も穏やかな木漏れ日のようだ。
況してや、ライブビューイング会場ならいざ知らず、会場はナゴヤドームなのである。そこにこの二人の澄み渡るような歌声が響く…何という奇跡だろう!

6:楽園(関裕美)
・あれ?何だろうこの曲…と思っていたら「Cinderella M@ster」の新曲だった。不覚…ワシ、この辺はまだ未購入なんである。
とは言え、さぁやんがホントに関裕美にしか見えない。剰え、間奏の台詞、
 「アイドルになって、世界が輝いて見えたの…でも…最初から輝いていたんだよね、プロデューサーさん!」
おぉ、このセリフは!ノーマルのカード同士を特訓で組み合わせたノーマル+のセリフじゃないか!…さぁやん、ありがとう、関裕美の声が君で良かったよ。

7:あんきら!?狂騒曲(双葉杏諸星きらり=はぴはぴTwin)
・おい!また君たちか!(別に怒っているわけではない)
「Sunshine See May」「楽園」とさわやかな気分になってきたところへいきなり賑やかになる会場。ホントに目まぐるしい。
とは言うものの、やはりシンデレラガールズが誇る最強(と言ってもいいだろうな)コンビの存在感は格別。コール&レスポンスも実に楽しかった。

8:Snow Love(早坂美玲・依田芳乃・荒木比奈・及川雫・大槻唯)
・テレビアニメ「シンデレラガールズ劇場」第2シーズンの12月度エンディングテーマ(因みに、現在第2シーズンは絶賛再放送中である)。
オリジナルメンバーは雫と唯だけだが、声の爽やかさ・存在感はオリジナルメンバーに比して決して引けは取らない。
「♪もどかしくて仕方ないんだ~」の部分の振り付けが何だか妙に可愛らしい。

9:Starry-Go-Round(全員)
・やってきました、本公演のテーマ曲(勝手に認定)。もう何だかこの曲のイントロを聞いただけでワクワクせずにはいられなくなってしまった感すらある。
今回の「馬車」は何と高さも自由自在とあって、かなり5階席くらいの高さまで上がっていた「馬車」もあったなぁ。

…とまぁ、駆け足で振り返ってみたが、いや、ホントにまぁよくもこれだけの盛り上げ要素を盛り込んでくれたものである。
無論まだまだ千秋楽は続くのである。(つづく)

次回予告:まさか!?あんなことやらこんなことやら、もう何が起きてもおかしくないようなそんなカオスでフリーダムな世界へようこそ!
次回、「ライブビューイング観覧記・第3回」。くたびれてもしらないよ。