シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

もう9月である。

URでなーい(意味不明)。

まぁそんなことはどうでもよくて、定例会も無事に終わった。何だか久しぶりに企画で勝ったような気がする。

というわけで、ようやっとこの記事も書ける。それでは、いってみようか!

【短期集中連載】アイドルマスターシンデレラガールズ 7th Live Tour「Special 3 Chord」幕張公演「Comical Pops」第2日ライブビューイング観覧記・その1

~現実を振り切れ!そして、昨年を超えてゆけシンデレラ!~

何だかのっけからテンションがおかしい。

今年はまず現地は無理にしてもライブビューイングはどうしようか…というところから始まった。
何せ仕事が結構忙しくて、チケットを取るどころの話ではなく、今年は何だか変わった形のLiveになりそうだぞ…という予感がかなり不安要素として自分に感じられたこともよりLive観覧に二の足を踏ませたこととなった。楽曲のジャンル分けって言ったってなぁ…先に「アイドルマスターミリオンライブ*1」で、属性別Liveツアーをやっているので同じようなことをやっても仕方がないし…ということで楽曲のジャンル別ってことなんだろうなぁ…くらいにしか思えていなかった。

まぁライブビューイングで見られればそれで良かろうとチケットを取ろうとしたら何と!クレジットカード限定になっているではないか。仕方がないので、今年Yahooポイント欲しさに作ってしまったYahooカードを使ってチケットを取得、後は当日を待つばかりとなった。

その後何だかいろいろありはしたものの(本当はとても嫌な思いをしたのだがこんなところでいうのも何なので言わない)、どうにか午後4時には会場に着く。小雨がぱらついていたものの、それ程の降りにはなるまいと思い、ポテトとソフトクリームで小腹を満たしているうちに開場時間となる。

10番スクリーンのB列、しかも真ん中あたりという、少々スクリーンを見上げる感じの目線になる席に着き、青いバンダナを額に巻き、第1回LiveのTシャツを着(本当は家から着てきたのだが)、両腕には昨年のライブのリストバンドを着用し、コンサートライトは電池式2本にケミカルライトスタンダードタイプ三本、大閃光と呼ばれる発光の強いもの三本を用意、Live開始に備える。
平日ということもあって後ろを見渡すと結構空席が見られたが、プロデューサー諸氏の熱気はかなりのものを感じた。

会場に流れる「Let's Go Happy!」「Near to You」などに合わせてコールの練習をしていたり、協賛企業読み上げの儀を行ったりしているうちに、シンデレラガールズの案内人とも言えるアシスタントの千川ちひろさん(声の出演:佐藤利奈さん)からの諸注意などを経て、いよいよLive開始!

幕張メッセの会場の広さを利用して、正面のメインステージ、そこから通路でつながったセンターステージ、更にその両脇へと延びる通路の先には左側がハートマーク上のオブジェを備えた「ハートステージ」、右側が星のオブジェをあしらった「スターステージ」と、キャストさんたちが歌って踊るステージだけでもこんなに物凄いことになっているとは…第3回Liveもこの幕張メッセで行われたのだが、軽々とその時の規模を超えてしまっている…恐るべし、シンデレラガールズ

1:Vast World(全員)
リズムゲームアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下「デレステ」)」で初披露された楽曲。各キャストさんを快調にカメラさんが映してゆく。
今回のキャストは、

 Cute:会沢”さあやん”紗弥(関裕美役)
    藍原”ことみん”ことみ(一ノ瀬志希役)
    天野”トロちゃん”聡美(白菊ほたる役)
    五十嵐”ゆきんこさん”裕美(双葉杏役)
    金子”まゆぽよ”真由美(藤本里奈役)
    下地”しのしー”紫野(中野有香役)
    都丸”ちよちー”ちよ(椎名法子役)
    中島”しまゆきちゃん”由貴(乙倉悠貴役)
    牧野”まきのんさん”由依(佐久間まゆ役)
    三宅”まりえってぃ”麻理恵(安部菜々役)
    
 Cool:今井”あしゃかしゃん”麻夏(佐々木千枝役)
    佐藤”みーな姫”亜美菜(橘ありす役)
    桜咲”ちょこたん”千依(白坂小梅役)
    立花”ひーちゃん”日奈(久川凪役)
    福原”ふーりん”綾香(渋谷凛役)
    森下”らなちゃ”來奈(鷹富士茄子役)
    
 Passion:神谷”かみたん”早矢佳(南条光役)
     鈴木”えりぴょん”絵理(堀裕子役)
     武田”らりっさ”羅梨沙多胡(喜多見柚役)
     伊達”だてちゃん”朱莉沙(難波笑美役)
     長江”りかちまる”里加(久川颯役)
     春瀬”なっぴー”なつみ(龍崎薫役)
     松嵜”れいちゃま”麗(諸星きらり役)
     杜野”まっこもっこさん”まこ(姫川友紀役)
     山下”ななみん”七海(大槻唯役)
     山本”のじょ”希望(城ヶ崎莉嘉役)
     佳村”るるきゃん”はるか(城ヶ崎美嘉役)

…以上27名(敬称略)である。

2:Comic Cosmic(全員)
あれ?初めて聞く曲だぞ?とも思ったがそれも無理もない。何せ今回のステージのテーマ曲である。因みに昨日の1日目が初披露。とは言えなかなかいい意味でとっ散らかった曲調で楽しい。
異称は白にワンポイントで赤系統の色を使った「ポップスアンバサダー」という共通衣装。今回は個人衣装でないため髪型なり顔立ちなりが被ってしまうと見分けがつかなくなってしまうが、なかなかに可愛らしい衣装である。個人的にはスカートの丈が短すぎるのがなんなのだが…。

次回予告:ついに始まった幕張ライブビューイング。同夜r今回のライブはとことん楽しんでもらうLiveらしい。いや、別にそれまでのライブがとことん楽しむためのものではないと言っているわけではないのだが…まさかこんな仕掛けが待っているとは…次回、ライブビューイング観覧記第2回に括目せよ!

*1:アイドルマスター」シリーズの正統派続編のような形で始まったコンテンツ。765プロダクションに集まった天海春香たちの後輩にあたる「765ミリオンスターズ」が活躍する。GREEでのソーシャルゲームは昨年で配信を終了したが、リズムゲームアイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ」にその設定は受け継がれている。キャラクターを演じる声優さんたちによるライブももちろん行われており、音楽的な質ではむしろこちらの方が高度なことをやっているような感じさえある。シンデレラのプロデューサーさんたちは経緯を込めて「お向かいさん」と呼んでいる。