読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

市民音楽祭。

一年ぶりとなる市民音楽祭に行って来た。

岩槻から定期券の使えるせんげん台を通るルートで、南越谷から武蔵野線で新秋津→秋津から西武新宿線で所沢→池袋線で航空公園という経路にて、意外に早く到着。

いくらか金銭的に余裕もあったので、新越谷駅の立ち食いそば屋でたぬきうどんを食べた後に、航空公園駅の喫茶店でボンゴレビアンコを食するという、よくよく考えると無謀極まりない昼飯を済ませて、今回は開演から聞くことに。

6番目の参加バンド「Little_Dreamin'」の演奏前後から、我が畏兄・レッドシャツ兄さんが到着し、色々と話し込みながら演奏を聞くことに。
兄さんもスマートフォンユーザーかぁ…。

予定時間通りに「ザ・セント・オー・ジーンズ」の演奏が始まると、ワシもレッドシャツ兄さんも集中して聞き始めた(それまで集中して聞いていなかったわけでは勿論ないけどね)。
昨年のステージで存在感を発揮していたキーボードの三瓶さんが脱退してしまったため、楽器構成の面からやや物足りない感じが否めなかったこと、毎度のことながらPAがかなりいい加減だったため音の響き方があまりにも酷かったことを、バンドリーダーの服部さんがその後の打ち上げで頻りに悔やんでいた。

因みに、打ち上げは航空公園駅近く…ではなくて、所沢駅近くの居酒屋で行われた。
次の日から3連勤ということもあってワシはノンアルコールで通したけど、映画の話や血液型の話などでかなり盛り上がった。

帰りはベースの谷口さん&ドラムの佐々木さんと秋津まで同行し、その後は新秋津から武蔵野線武蔵浦和から埼京線→大宮から東武野田線で岩槻という経路で帰宅。
何か知らないが、よく食ったもんだ。それに、長らく欠乏していた音楽の補給もできたし、有意義な1日であった。