読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

どうにか決着。

今日はクリスマスイブであるが、別段普段と何ら変わらない。それがワシ(何のこっちゃ)。

携帯の機種変更の件はどうやら決着がついた。父にはつくづく感謝せねばなるまい。

アイドルマスターシンデレラガールズ」3rd Live「シンデレラの舞踏会~Power of Smile」ライブビューイング観賞記・第1日目その5

久しぶりに書こう。もう一か月近く前の話になってしまったので記憶も定かでない部分が多いのだが。

その前にいつもの小ネタ回想記から。

 ・今回惜しくも尾てい骨骨折という重傷を負ったため出演が叶わなかった十時愛梨役の原田ひとみさんが、休憩明けアナウンスで登場。そして休憩時間最後の曲は彼女の持ち歌「アップルパイ・プリンセス」。会場のPさんたちもサイリウムを振ったりしてノリノリだった…って全然休む気がねぇなお前ら(謎)

 ・基本的に休憩時間にかかる曲はそのライブで歌われる予定の無い曲が選ばれるのだが、今回はクール属性曲で数ある属性曲の中でも断トツの人気を誇る「Nation Blue」や、前回のライブで初披露だったためかコールが揃わないのが気になっていたパッション属性曲の「絶対特権主張します!」が休憩時間にかかっていた。殊に「絶対…」はノリノリでサイリウムを振ったり合の手を入れたりする輩が多数…ホントに休む気ねぇだろおまいら(謎)。

では再び観賞記に戻ることにする。

26:Shabon Song(るるきゃん・だーさん)
・「を?」ワシの反応はこの一言から始まった。
いや、まさかブルーレイ限定CDの曲までやるとは思っておらなんだので…でも、歌っているこの二人が可愛かったので問題なし。

27:お散歩カメラ(ねこさんWithアスタリスク
・いや、いい組み合わせじゃないですか。猫はいるし、あれ、犬は?と思ったら何とるーりぃが犬だったか(と言ってもFBIとか官憲とかじゃなくて←こらこら)。
個人的には、ねこさんのいい表情が一杯見られて嬉しい。

28:ショコラ・ティアラ(つぼっちfeaturing凸レーション)
・センターステージでつぼっちが歌い、馬車の上から凸レーションが何やらお菓子(のようなもの)をばらまくという、もうどっちを見ていいのか分からない状態に。
 よくある下投げでお菓子(のようなもの)を投げているもよちー&のじょに対して、まるでバックホームするような勢いで思い切り上から投げつけているれいちゃまが何ともおいしすぎ(笑)。

29:あいくるしい(りっかさま・ゆきんこさん)
・これもブルーレイ限定曲。勝手に先輩後輩を名乗っているコンビ(「CINDERELLA P@RTY!」参照)が聞かせに入るとは思わなかったわい。

30:風色メロディ(そらそら)
・さすがの安定感。今回は一風変わったバックダンサーさんたちの動きも良かった(本を読んだりくつろいだりしている雰囲気)。

31:つぼみ(飯屋・ちょこたん・えりぴょん・さっつん・あじゅじゅ・マリエッティ)
・後半はさすがにしんどくなってくるのか、バラードナンバーが多くなりがち。
それにしても、このライブ、全体を通して飯屋さんの存在感が半端ではなかったなぁと今にして思う。
メドレーの時のサイリウム芸のようなコミカルな一面もあるし、この「つぼみ」のような可憐さも発揮する。もう何というか、無敵、そうとしか言いようがない。
ガンダム氏の「飯屋史上最大級の清さ」という言葉も強ち過剰表現ではあるまい。

32:Never Say Never(ふーりん)
・そしてメドレー続きのところへこの曲が来る、ふーりんが来る!
昨年の2ndの時に比べて表情がだいぶ穏やかになってきたのは、この曲と共に踏んできた場数から来る落着きなのだろうな。

33:できたてEvo!Revo!Generation!(ニュージェネレーションズ)
・ライブで聞けて良かった!と思ったのがこの曲。本当に、アニメの中のニュージェネが歌っているような感覚!コールも楽しいし言うことないなぁ。

そしてこの後はいよいよラストブロック突入!なのだが、今回はここまで。次回をお楽しみに!