読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

おめでとうカープ!ありがとうカープ!そしてこれからも頑張れカープ‼

雑記帖 新・妄想コラム

NHKさんが試合の模様を中継してくれたのでワシもこの感動の瞬間に立ち会うことができた。本当に感謝します。

それにしてもいい試合だった。両チームともに見せ場があって緊迫感があった。

とは言うものの、まだまだシーズンは続くので、気を抜かずに頑張って、次の目標は日本一だぞカープ

アイドルマスターシンデレラガールズ」4th Live 神戸公演「Starlight Castle」初日ライブビューイング観賞記・その3

「リボンまみれ」なまきのんさんやら、コーンロウ(髪の毛を編み込んで段をつけていくような髪型。スポーツ選手なんかもよくやる)に挑んでみたまゆぽよこと金子さん、おでこを出した髪型にわくわく状態のちっすさんがいるかと思うと、あえて前髪をぱっつん状態にしているはっしーがいたり…おしゃれのこだわりどころも人それぞれである。

そんな彼女たちの衣装は、「デレステ」稼働1周年を記念して新たに追加された衣装「アクロス・ザ・スターズ」!ゲーム内の衣装が早くもステージに登場だと!?と、またまた驚かされる。

さぁ、第2ブロックの始まりだ!

9:Twilight Sky(るーりぃ)
・この曲のタイトルをイメージして、「最前列=ウルトラオレンジ(夕陽を表現)、後列=青または紫(夜空を表現)」というコンサートライトをプロデューサー諸氏が掲げるという演出ももうすっかりお馴染みとなった(ワシも後列だったので電池式コンサートライトを青に切り替えた)。
 何だかこう色々と気を遣うことが多いせいか、間奏のエアギターソロは今回少し控えめになったが、変な気負いがない分すごく声が通っていたと思う。

10:ショコラ・ティアラ(つぼっち)
・この曲も何だかんだ言って久しぶり(あ、昨年マシュマロキャッチと同時進行で歌われたか。今確認した)。
今回は間奏やエンディングでつぼっち自らがマシュマロを客席に放った後で、余ったマシュマロを食べてたりして…どんだけ空腹魔人なんだ君は(意味不明)。

11:ましゅまろ☆キッス(れいちゃまFeaturingつぼっち)
・「あれ?次の曲『ましゅまろ☆キッス』のイントロ始まってるのに、つぼっちがはけてないぞ?」
と思ったらなーんか一緒に踊ったりなんかしたりして(by広川太一郎←古いわ)。後でれいちゃまがMCで明かしたところによるとどうもそういう趣向だったらしい。
3rdLiveでやり損ねたサイリウムをこの曲に合わせて振る独特の振り方、今回はほぼ完璧にできた。やべぇ、何かすっげぇ楽しい。

12:小さな恋の密室事件(ちょこたん)
・そして雰囲気が一気に変わる、シンデレラガールズ最大の難曲。
この曲は最初がクールのイメージカラーである青、ワンコーラス目が終ってからの「キャー!」という叫び声からしばらく赤、そして最後は満ち溢れる光の白…と曲の流れに合わせてコンサートライトの色を変えるというこれもお馴染みの趣向なのだが、この曲の途中でワシの電池式コンサートライトに異変が発生!白に色が変わらなくなってしまった。仕方がないので水色でどうにか乗り切ったのだが…やっちまったか…。

13:Love∞Destiny(まきのんさん、だーさん、るーりぃ)
・「デレステ」由来の曲2曲目。イベント「Visual Burst」内で使われた楽曲で、「佐久間まゆ」「小日向美穂」「緒方智絵里」「北条加蓮」「多田李衣菜」の5人から成るユニット「マスカレイド」のオリジナル楽曲。
どちらかと言えば清純な楽曲が多い(気がする)シンデレラガールズの中では珍しくアダルティで危険な感じに満ち溢れており、況してや「プロデューサーさんが好きすぎて怖い」まゆと「プロデューサーさんに対して恩義以上の念を抱いている」加蓮のダブルメインボーカルということからも、何だか火花飛びまくりの曲である。
今回歌った3人はいずれもオリジナルメンバーなわけだが、何といってもまだこの時点で発売されていない楽曲でもあったため、フルで披露されたのは何と今回のステージが初!これには後で気づいて今更ながらびっくりした。

14:生存本能ヴァルキュリア(はら坊、ちっす、金子さん改めまゆぽよ、ともとも&みつやすさん)
・打って変わって今度は「オリジナルメンバーが誰もいない」この曲。こちらは「新田美波」「高森藍子」「橘ありす」「相葉夕美」「鷺沢文香」の5人から成るユニット「アインフェリア」のオリジナル楽曲で、やはりイベント用の楽曲。
 タイトルからして中二病感バリバリな楽曲だが、歌っている面子がメンツだけに熱い熱い。それでいて間奏のダンスは妙に大人っぽいし。
 さすがにヴォーカリスト出身と言うだけあって、ちっすさんの声の伸びは驚異的だったなぁ。

と言ったところで本日はここまで。次回まで暫し待っててね。