読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツの上から4番目のボタン

ま、タイトル通り「あったってなくたって大してかわりゃしない(by古今亭志ん朝師匠)」blogであります(苦笑)。

「明日があるさ(英語版)」ジョニー・シンバル

知ってのとおり、元歌はご存知故・坂本九さんの大ヒット曲(余りにも悔しいから吉本の芸人やらウルフルズやらがカバーしたなんて言ってやらない)なわけですが、これはそんな紹介すらも悔しくなってしまうような歌詞の完成度が見事すぎる一曲。
何と言っていいかわかりませんが…いろいろな海外のヒット曲のカバー曲の日本語の歌詞って、何だってあんなに元の英語の歌詞とニュアンスどころか内容まで変わってしまうようなものが多いんだろう(もっと言うと、それでおこがましくも「訳詞」などとよくも名乗れたもんだなぁ…という歌詞が何と多いことだろう)と思ったことありませんか?私は非常にたくさんあります(笑)。もうね、ホントに「元歌の作詞者がこんなふうなへんちくりんな歌詞の日本語で歌われてたら激怒しかねないぞ」と思いっぱなしなんですよ。
で、この歌なんですが…とてもじゃないが「あしーたがあーるーさー♪」ってな能天気な歌詞ではありません。何せタイトルからして「A Pack Of Lies(嘘ばっかり)」ってんですから。
ただねぇ…不思議なもんで、既にアメリカ人は「上を向いて歩こう」を「スキヤキ」なるみょうちきりんなタイトルで変な歌詞を載せて売った結果ビルボードで一位になったりしたという前例がありながら、この曲の歌詞に関しては、やはり元歌と全然違う歌詞であるにも拘らず文句を言う気になれないんですね。で、もっと不思議なもんで、外国の曲を日本人が明らかに元の歌と違うおかしな歌詞で歌った場合は噴飯ものだと憤慨するのに、逆の場合は腹が立たないんですよ…ま、とは言ってもこの一例だけなんですがね。
何でなんだろうなぁ…歌詞としてよくまとまっていれば文句も言えなくなるからかとも思ってみるのですが…ともあれ、最近のお気に入りである一曲である事は間違いありません。